不整脈 原因 50代 対処法

50代以降に多い不整脈、原因を知って先手必勝がベストな対処法

スポンサーリンク

 動悸がする、息苦しいなどの異常を感じて脈拍を調べると、不規則に打っている事があります。
これが不整脈です。
脈が速くなる場合、遅くなる場合、とんでしまう場合の3種類に大別されます。
それぞれの症状によって頻脈性、徐脈性の不整脈、期外収縮と呼ばれています。
 頻脈性は動悸やめまいの出る事があり、早まった脈拍の度合いによっては血圧低下、失神などの重い症状が出る場合もあり、注意を要します。
 徐脈性もひどくなると心臓が一時的に停止してしまって酸素が行き渡らなくなるために、失神や痙攣が起こる事もあります。
 又不整脈が起こる場所によって頻脈性でも、心室頻拍やそれが進行した症状である心室細動が起こって来ます。
 どのタイプでも症状は身体からのサインですので、せっかくの身体からのメッセージを見落とさず、早期に対処しておけば安心です。

スポンサーリンク

 

 不整脈の原因に挙げられるものの一つに加齢があります。
50代以降にはどうしても増加しがちです。
特に女性は更年期障害が原因でこの症状が起こる事があります。
 不規則な生活習慣や過労、先述の50代以降の加齢などの身体的なストレスだけでなく、仕事や人間関係、環境の変化などから来る精神的なストレスも大きな原因の一つです。
特に期外収縮はストレスによって引き起こされる場合が多いとされています。
 対処法としてはストレッチやウォーキングと言った軽度の運動や入浴、マッサージなどで凝り固まっている全身の筋肉をほぐしたり、疲れ過ぎやイライラに気をつける事で、極力ストレスを減らす努力が大切です。
 不整脈が他の病気のサインとして現れている可能性もありますので、自己判断せずにまずは病院で専門医にきちんと検査してもらう事が、最も効果的な対処法です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

40代の不整脈の原因と対処法に関して
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
10代の不整脈―原因と対処法
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。