50代 40代 10代 不整脈 原因 対処法

50代・40代・10代の不整脈の原因と対処法!記事一覧

 動悸がする、息苦しいなどの異常を感じて脈拍を調べると、不規則に打っている事があります。これが不整脈です。脈が速くなる場合、遅くなる場合、とんでしまう場合の3種類に大別されます。それぞれの症状によって頻脈性、徐脈性の不整脈、期外収縮と呼ばれています。 頻脈性は動悸やめまいの出る事があり、早まった脈拍の度合いによっては血圧低下、失神などの重い症状が出る場合もあり、注意を要します。 徐脈性もひどくなる...

中年期の40代以上になると多くなってくる不整脈ですが、安静にしていても急に脈拍が早くなってしまう症状のことを指します。 原因はいろいろあってストレスもその1つです。このぐらいの年代は1番仕事でも責任が重くなってくる年代なので、注意していかなくてはいけない時なのです。 女性であればホルモンバランスが崩れやすくなってくる年代なので更年期障害になりやすくなるのです。更年期障害の症状の1つに不整脈がありま...

 心臓は微弱な電気信号を脳からの指令により受け止めて、規則正しいリズムで動き続けています。 医学的には一分間に60から100回の拍動が正常範囲といわれます。それよりも少なくなるのを徐脈、逆に多くなるのを頻脈といい、心臓のリズムが何らかの原因で狂うことを不整脈といいます。また、心拍数異常と不整脈が合わさって起こることもあります。その原因は大きく分けて、病気によるものと、加齢によるものに分けられます。...