脈拍 早い 症状 対処法

脈拍が早い症状が出た時の対処法

スポンサーリンク

日頃から脈拍を意識している人というのはあまり多くないですが、通常の場合1分間で60から100の間とされています。
それ以上に遅いと徐脈、早いと頻脈と言いますが、突然の頻脈を感じるととても心配になってしまうものです。
頻脈と言っても、病気の症状で現れているのか健康な人でもなる場合があるので判断は難しいところです。
よくあるのは、突然始まりしばらくして治まる発作性上室性頻拍というものです。
これの予防という意味での対処法としては、自律神経が乱れることやホルモンバランスが崩れることによって起きやすくなってしまいますので、そういった状態にならないように規則正しい生活や食生活、睡眠をしっかりととることなどが重要になってきます。

スポンサーリンク

 

発作性上室性頻拍が実際に起きてしまった時はどうしたら良いのかですが、脈拍早いという症状を実感したらまず脈拍を手首などから計ってみることです。
あまりにも早い場合は脈拍が触っても分からなくなってしまう場合もあります。
初めてこういった症状を自覚した時は内科・循環器科などを受診することが大切になってきます。
発作性上室性頻拍の場合、症状が出ていない時は心電図にも異常はないので出ている時に受診する必要があるのです。
すぐ治まるようであれば基本的には治療を必要としない病気で、自力で治まらない時は治療を受けるという人も多いです。
自力での対処法は、息ごらえをする、冷たい水を飲む、水に顔をつけるなどで行う人が多いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

脈拍が早い原因と対処法について
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
脈拍が早いことを伴う病気の種類と気がついた時の対処法
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
脈拍が早い高齢者の対処法について
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
脈拍が早いという頻脈の原因や対処方法について
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
脈拍が早い、息苦しいなどの症状の原因や対処法について
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
脈拍が120を超える早い状態になったときの対処法
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
脈拍が100を超える早い時の対処法
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
脈拍の早い遅いは寿命に関係してくるのでしょうか
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
血圧低い、あるいは脈拍早い場合の原因と対処法について
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
脈拍早い高血圧の原因とその対処法
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
早い脈拍、自律神経の乱れからくる諸症状への対処法
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
息苦しい、脈が速いなどの症状の原因や対処法
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
常に脈が早い原因と症状や対処法について
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
ストレスで脈が早いときの原因への対処法とは
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。