動悸 脈が弱い 対処法

脈が弱い時や動悸がする時の対処法

スポンサーリンク

病気や怪我が原因になり、脈拍にまで異常が現れることがあります。
脈拍は心臓が正常に動いている証拠であるため、これに問題が現れた場合はすみやかに対処する必要があります。
脈拍に異常が出る症状としては、何らかのトラブルにより心臓がうまく機能していないということが考えられます。
このタイプの症状としては、よくある不整脈による脈の乱れの他にも、脈拍が弱まるという症状が出ることもあります。
こういった症状が身体に現れた時に、意識や反応がみられない場合は要注意となります。
もしこの時に呼吸や心拍をはかってみて反応を感じられない場合は、そこで救命措置をおこなう必要が出てきます。
緊急時におこなえる救命行為としては、心臓マッサージや人工呼吸があります。
心臓マッサージはAEDがある場所であれば、それを使用するほうがより安全に蘇生がおこなえます。

スポンサーリンク

 

動悸がする、または脈が弱い時の対処法としては、まずは医療機関にすぐに搬送することが必要になります。
応急措置でできることは限られていますから、その対処法はあくまでも医療機関に引き渡すまでのつなぎと考えておくべきです。
動悸に異常があったり脈が弱い患者には、心電図や聴診器で脈の状態をみながら治療方針を決めていきます。
搬送先がかかりつけ医のいる病院なら、カルテで病歴などを確認できるためその分早めに対処できる可能性が高くなります。
治療においては、心拍数が感じられる状態なら投薬などで様子をみることになります。
しかし心拍数が感じられない状態であれば、心臓マッサージを施すことになります。
この際、呼吸が止まっている状態が長時間続いたり、心臓マッサージによって助骨が損傷して合併症をおこすこともあります。
その場合は治療や蘇生後に、そちらの治療も同時進行で行っていくことになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

脈が弱い原因が分かれば対処法は存在しています
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
脈が弱い場合には、漢方という対処法も
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
脈が弱い時の対処法として鍼が効果的です
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
病気ではないかと感じる脈が弱い時の対処法とは
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
脈が弱い方の改善方法
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
低血圧で脈が弱い場合の対処法はどのようなものがあるのでしょうか
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
不整脈とその主な症状と原因と対処法、脈が弱いことは不整脈なのか
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
手首の脈が弱い場合の原因と対処法
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。