不整脈 原因 症状 対処法

不整脈の原因と症状と対処法とは!?

スポンサーリンク

 不整脈の原因と症状と対処法についてです。

 

 まず、不整脈とはどんな病気なのか、その原因や症状についてです。
 不整脈とは、脈がゆっくり打つ、速く打つ、または不規則に打つ状態の事を言います。
 脈が1分間に50以下の場合を徐脈、100以上の場合を頻脈と言います。
 不整脈には心臓の病気などが原因であるものと、自然に心拍数が上がる生理的なものがあります。
 具体的には、運動や精神的興奮や発熱によって、脈が速くなることがあります。
 これは一般的に起こる生理的な頻脈といえます。
 また、脈が不規則になるものの中に期外収縮というものがあります。
 この現象は、30歳を超える人であれば、誰にでも症状が現れるようにになります。
 また、年をとるにつれて、この現象は増えていきます。
 一般的に、脈拍が1分間に40以下になると、徐脈による息切れやめまいなどの症状が出やすくなります。
 一方、特に心拍数が上昇するようなことはしていなくても、突然脈拍が120以上になる場合は、病気が原因である頻脈の可能性があるといえるでしょう。
 頻脈になると動悸や息切れのほかに、場合によっては胸痛やめまいがすることがあります。
 また、症状がひどい場合は、失神といった症状が出ることがあります。
 ときどき、脈が飛ぶ場合は期外収縮の可能性があります。

 

 どうして、不整脈が発生するのか考えてみましょう。
 不整脈は心臓が悪いから起こるのかというと、実は必ずしもそうではありません。
 不整脈は血管が詰まることによって、起きるのだと思われている方もいます。
 しかし、必ずしもそうではありません。
 心筋梗塞や狭心症は心臓の血管の病気です。
 一方、不整脈は、言ってみれば電気系統の故障のようなもののようであり、基本的には別の病気だといわれています。
 不整脈の原因として最も多いのは、加齢に伴うものや、体質的なものです。
 つまり心臓病には関係しないことも多いようです。

スポンサーリンク

 1日または2日にわたって心電図を記録してみると、中年の方以上の年齢の方ではほとんどの人に、毎日1〜2個は不整脈が見つかります。
 このように、だれでも少しずつ加齢とともに不整脈が増えていきます。
 不整脈の原因はストレス、睡眠不足、疲労などが原因で起こりやすくなります。
 このような不整脈は、だれにでも起こりうるものだと言えるでしょう。
 働き者の心臓は1日約10万回、収縮と拡張を繰り返して身体全体に血液を送り続けています。
 しかし、ときどきは規則正しくない刺激で不規則な収縮が起こる場合もあるのです。
 検診で不整脈だけ見つかる場合もあるでしょうが、この場合の不整脈は病気とは関係のない不整脈である場合がほとんどです。
 しかし、すでに心臓の病気があると、二次的に電気系統の異常が生じて、不整脈が出やすくなるのも事実です。
 弁膜症になると、心房や心室が大きくなって電気の流れがおかしくなり、脈が乱れやすくなるといわれています。
 高血圧の人、肺に病気がある人、甲状腺に異常がある人も不整脈が出やすいのです。

 

 では、不整脈はどのように対処し、治療がされるのでしょうか??
 最近では、不整脈の治療法はめざましく進歩し、今ではほとんどが治せるようになっています。
 徐脈の人の場合は「ペースメーカー」を体内に取りつけることで、健康な人と変わらない生活ができるようになりました。
 ペースメーカーは遅くなった自分の脈(電気の流れ)の代わりに、心臓の外から電気刺激を与える装置です。
 局所麻酔で簡単に装着することができるようです。
 頻脈には「カテーテルアブレーション」という方法が開発されました。
 これによって、手術せずに治せるようになりました。
 カテーテルアブレーションとは細い管(カテーテル)を足の血管から入れて、その先端から高周波を流します。
 そのことによって、頻脈の原因になっている心臓の筋肉の一部を焼くことによって不整脈を起こさないようにします。
 このように、不整脈は対処することが可能な場合もある病気ということになっていると言われています。

 

 当サイトのカテゴリー一覧です→50代・40代・10代の不整脈の原因と対処法!
 脈が弱いことの原因と改善・対処法【病気・鍼・漢方・動悸・低血圧】
 脈拍が早い原因と症状と対処法(病気・高齢者・息苦しい・120・100・寿命・ストレス)
 脈圧が小さい原因や対処法(低血圧で病気・心臓疾患・心不全・心タンポナーデ)
 不整脈で頻繁に脈が飛ぶ・一日中脈が飛ぶ原因と症状と対処法!!

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 姉妹サイトです→リンパマッサージやリンパ節・リンパ浮腫・リンパ球・リンパ腺などあれこれ
腫瘍マーカー検査方法とは!?費用・数値などあれこれ

更新履歴