不整脈 原因 症状 対処法

洞性不整脈記事一覧

 脈が飛ぶ、速くなる、乱れるなど、脈の動きが不規則な状態を不整脈といいます。洞性不整脈とは、脈のリズムは一定でありながら一時的に不規則な動きがある不整脈です。洞性不整脈は2つに分類され、脈が速くなる症状を洞性頻脈、遅くなる症状を洞性徐脈といいます。これは日常生活では生理現象として起こり得るもので、例えば不安や緊張、ストレスなが原因で脈拍が上がります。また、息を大きく吸って止めると脈拍が上がり、息を...

 人体の健康状態を維持するためには、日常的な自覚症状だけでは不十分で疾患の発見するためには手遅れになる可能性があります。そのため、健康診断は疾患の早期発見のための手段として、医学的知見に基づく総合的な検査手段と位置付けられています。健康診断における検査項目には色々とありますが、心電図は心臓の鼓動による全身への血流状態を知るための手段で、主に脈拍数と波形として数値化されます。異常が発生している際の状...

 洞性不整脈の心電図波形の右軸偏位についての説明をします。心電図には6つの胸部誘導と6つの肢誘導が存在します。肢誘導には、ある基準点からの電位を見る誘導と、右手、左手、左足の間の電位差を見る誘導の2つがあります。資誘導は、上下左右の6つの方向から心臓を見ることになります。QRSと呼ばれている肢誘導の波形があり、これは心室が収縮したときに起こる上下に大きく振れる波形から、ベクトルという電気軸の方向を...

 ストレスは様々な病気の原因となります。近年、ストレス社会と呼ばれるようになった世の中で生きる私たちにとって、ストレスは大きな問題ともなり得ます。普通にすごしていてもそれが原因となり、様々な症状を引き起こすことがあるのです。洞性不整脈もその一つです。洞性不整脈とは、心臓の拍動が普通であれば一定のリズムを刻みますが、感覚が不規則であるような不整脈の状態のことを言います。これは、特別心臓に疾患があると...

 洞性不整脈の定義は、何かの病気が原因で起こるものではありません。また特に人体に害があるものではないため、治療をなどする必要がない種類の不整脈を言います。洞性不整脈の定義やメカニズムは、脈拍は規則正しく正常ですが不規則な脈です。健康な若い人に多くみられ特に病気や異常と言うことではありません。若い人なら誰にでも現れ正常な生体反応といってもさしつかえありません。その症状はゆっくりした心拍と速い心拍が交...

 洞性不整脈という症状があります。これはどのような症状が体に現れるのかというと、洞性不整脈は脈拍のリズムが正常であるにもかかわらず、たまに不規則な動きを感じることがあります。ここには洞性頻脈と胴性除脈というものがあります。そのなかで洞性頻脈に関しては次のような症状となっています。1分間に脈拍を100回以上数えることができる状態になり、その原因として不安や興奮や緊張などのストレスが考えられています。...

 心臓の筋肉を収縮させる電気信号は、右心房にある洞房結節という部位で生まれて心房の筋肉を収縮させます。信号はさらに房室結節を通って心室中隔から心室の筋肉に及びます。この洞房結節の働きは交感神経と迷走神経によって調節されています。交感神経は心拍数を増やし、迷走神経は心拍数を少なくします。洞性不整脈は洞房結節の働きに変化があっておこる不整脈で、呼吸に伴っておこる呼吸性不整脈と薬剤のジギタリスなど他の原...

 呼吸性洞性不整脈という言葉を聞いた事はありますか。不整脈というと怖いイメージがあるかもしれません。しかし発生機序(メカニズム)を知ってみると、誰にでも起こる症状だという事が判ります。呼吸性洞性不整脈とは、脈拍の速さが呼吸によって速くなったり遅くなったりするもので、若い人によく見られる症状です。心拍は主に自律神経系に制御されています。交感神経は脈を早めて、迷走神経は制御する役割を担っています。これ...