脈が弱いこと 原因 症状 対処法

不整脈とその主な症状と原因と対処法、脈が弱いことは不整脈なのか

スポンサーリンク

 心臓は、一定のリズムで規則正しく拍動しています。
つまり不整脈とは、この拍動=心拍数やリズムが一定でない状態の事を言います。
また、心電図上で異常がある場合も臨床的には不整脈です。
不整脈は、聴診、心電図や心エコー検査にて、明確となりますが、日常的には、このような検査は難しく、まずは本人の症状や主訴などを問診したり、手首の内側の橈骨動脈を触診にて、確認も一部可能です。
指先の感覚として、脈拍が飛んでいたり、一定のリズムでなっかたり、脈が弱いこと、強いこと、等の様々な事が脈拍の測定で検査可能です。
しかし、触診のみでは、不整脈の原因も、緊急性が高いのか低いのか、症状の有無もわかりません。
まずは、不整脈の原因について、次の章で述べていきます。

スポンサーリンク

 

不整脈の原因については、刺激伝導系の異常と刺激生成の異常の二つがあります。
高齢者に多いですが、どの年代にも存在してます。
不整脈の中でも特に自覚症状を伴わない不整脈に対しては、特に対処法もなく、経過観察であったり、医者によっては、加齢による不整脈と診断される場合もあります。
また、加齢に伴い、心臓の1回心拍出量が低下し、若年期よりも脈が弱いこともあります。
症状がないものを無症候性不整脈、あるものを症候性不整脈といい、症状としては、動機、めまい、失神、胸部違和感、息切れ、胸痛などあります。
しかし、ほとんどの不整脈は無症候性であり、その原因としては、ストレス、食生活・日常生活の乱れから自律神経の不調から始まることが多い為、不整脈と診断される前から、生活を整える対処法が有効です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

脈が弱い原因が分かれば対処法は存在しています
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
脈が弱い場合には、漢方という対処法も
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
脈が弱い時の対処法として鍼が効果的です
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
病気ではないかと感じる脈が弱い時の対処法とは
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
脈が弱い方の改善方法
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
脈が弱い時や動悸がする時の対処法
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
低血圧で脈が弱い場合の対処法はどのようなものがあるのでしょうか
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
手首の脈が弱い場合の原因と対処法
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。