不整脈 原因 症状 対処法

二段脈とは 原因 症状 治療 三段脈 危険性 違い 不整脈 続く 対応記事一覧

 二段脈とは不整脈の一つで、1つ目の脈は通常通りに打つが、2つ目の脈は早いタイミングで打つ症状のことです。直接的な原因は期外収縮です。 期外収縮の原因は大きく2つに分れます。1つは心臓等に異常がない健康な人に起こる場合で、これは、アルコールやコーヒーなどの飲み過ぎ、喫煙、睡眠不足、ストレス、加齢などが原因です。特に人間は歳を取ると心臓が弱くなるため、加齢に従って自然と不整脈は増加します。 もう1つ...

 二段脈とは、心臓から全身に血液が送られる際のリズムである脈が乱れる不整脈の一種であり、正常な脈と期外収縮と呼ばれる異常な脈が交互に起きてしまう状態です。二段脈の原因には様々なものがあります。例えば高血圧や心不全などの心臓病、甲状腺機能亢進症によって増加したホルモンが心筋に活発に働きかけること、血液中の酸素量が減少した肺気腫など肺の病気、消化器の病気や交感神経の活発化、利尿剤や抗うつ剤、喘息薬の服...

 人は心臓が動くことによって、その血液が循環し生きています。この脈があるからこそ栄養が行き渡ったり活動することができるのです。この脈が上手くリズムを刻まないことを不整脈と言います。不整脈にも様々な種類があり、その種類によって危険性に違いがあるため、安易な判断は禁物であると言えます。その症状としては、二段脈、三段脈などの呼び方をされることがありますが、どちらも脈が正常に動いていない状態を指します。正...

不整脈とは、通常は一定のリズムの脈が乱れることを言います。脈が乱れていると、何か悪い病気の予兆なのでは、とか何か大きな病にかかっているのではないかと考えがちですが、実際にはそれほど珍しい症状ではありません。たまに脈が飛ぶとか、一般に毎分60〜75回の心拍数が60回未満の脈拍の除脈などの場合は、大げさに考えなくても大丈夫です。運動や精神的に興奮した時に脈が一時的に乱れる場合も心配ありません。不整脈が...