洞性不整脈 スポーツ 心臓

洞性不整脈とスポーツ心臓について

スポンサーリンク

 洞性不整脈という症状があります。
これはどのような症状が体に現れるのかというと、洞性不整脈は脈拍のリズムが正常であるにもかかわらず、たまに不規則な動きを感じることがあります。
ここには洞性頻脈と胴性除脈というものがあります。
そのなかで洞性頻脈に関しては次のような症状となっています。
1分間に脈拍を100回以上数えることができる状態になり、その原因として不安や興奮や緊張などのストレスが考えられています。
このほかにはアルコールや運動で脈拍が増えるようになっています。
病気が原因となっているものは排除されるようになっていますが、そのなかで稀に甲状腺機能亢進症などの病気と共に現れる症状として発症することもあります。

スポンサーリンク

 

この洞性頻脈に関しては人間の生理的な現象の一つとなっているので、毎回続くと言うことがなければとくに心配する必要がありません。
しかし何度も繰り返し発生すると言うことであれば病院を受診するようにします。
これにたいして洞性除脈というものがありますが、これは1分間に脈拍が50回以下の状態となります。
主に習慣的にスポーツをする人の心臓に見られるようになっています。
しかし注意しなければいけないことがあります。
1分間に40回を下回ると言うことになれば、スポーツだけではなく病気が関係していることもあります。
甲状腺機能低下症などの病気が関係していることもあるので、一度病院で心臓の検査を受けるようにします。
治療方法としては薬物療法やペースメーカー治療が行われています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

洞性不整脈とは、その原因・症状と治療法
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
健康診断における心電図で洞性不整脈の波形について説明します
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
洞性不整脈の心電図波形で右軸偏位
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
洞性不整脈の原因はストレスなのか
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
洞性不整脈の定義や種類のメカニズム
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
小児に多い洞性不整脈の原因と治療
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
呼吸性洞性不整脈の発生機序(メカニズム)について
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。