不整脈 原因 症状 対処法

脈 遅い 原因 対処法 病気 スポーツ 40 めまい 眠気 心電図 心臓 血圧高い 低血圧記事一覧

 不整脈の中でも、「脈が遅い」症状のことを徐脈といいます。1分間に50回を切るような状態になると一般的にはこの症状に該当となります。心拍数が、減少すると、体の機能が酸素不足となってしまい、平静時や軽い運動をするだけでもめまいや息切れをおこしてしまうことがあり、ひどいばあいには失神してしまいます。この原因は、ざまざまではありますが、遺伝的なもの、老化、薬の副作用、心臓発作による組織変化に加えて、心臓...

心臓が収縮することで脈拍の数も異なっています。運動などをした後にはこの数が多くなる傾向があり、極度の緊張によっても多くなります。このような心臓の収縮を起こす運動に関しては、心臓の右心房にある洞房結節というペースメーカーで行われるようになっています。健康的な成人の場合基本的に脈拍の数は1分間に60回から80回となっていますが、電気信号の流れが遅くなったり阻害されたと言うときには、この数が60回以下に...

 安静にしている時や軽い作業をしている時に心拍数が通常よりも遅い人は、除脈性不整脈である可能性があります。心拍数が遅いことは自分では気づきにくいのですが、めまいや息切れといった症状から気づくケースもあります。そのまま放置しておくと失神発作を起こす恐れもあるので、めまいや息切れなどの不調を感じたら早めに病院を受診することが大事です。何らかの病気が原因で心拍数が遅くなっている場合は、病気の治療を優先さ...

脈は心臓から出た血液が血管を拡張させる事により触れる事ができる物です。年齢や性別、職業などにより回数は個人差がありますが、一般的な基準が定められています。成人においては1分間の間の回数が40以下であると脈が遅いと診断される事が多くなっており、何らかの対策が必要となります。ですから遅い時は原因を知り適切な対処をしていく事が大切です。ある研究によると脈が遅くなる原因で一番多い理由は加齢との結果が出てい...

 脈が遅いという状態や不整脈の症状がある人がいます。このように脈が遅いときには、ストレスや自律神経と深い関係があることが考えられます。自律神経失調症の症状の一つとして考えられているので、しっかりと症状や対処法について理解をしておく必要があります。心臓は基本的に1分間に60回から70回を決まったリズムで脈拍を打つようになっています。しかしこれが不規則になると遅くなったり乱れたりしてしまいます。そのな...

 脈が遅いのは徐脈という症状で、不整脈の一種です。1分間の脈拍が40回以下の場合を徐脈といい、眠気を感じたり目の前が真っ暗になって立ちくらみを起こすなどの症状があらわれます。ひどい場合には心臓が数秒止まって失神してしまうこともあります。普段から遅いのと突然遅くなる場合の2つの症状があり、突然遅くなるとめまいや失神が前触れなく起こります。失神の症状は体を維持できないほど血圧が下がっていることを意味す...

心電図で心臓の脈が速すぎると健康状態が良くないと良く言われますが、それとは逆に遅い場合はどうなのでしょうか。これに関しては健康に問題は無いと言って良いでしょう。心電図での脈が遅い人の心臓は「スポーツ心臓」とも言われます。基本的にこの場合は健康には問題は無く、日ごろから激しい運動を行っているスポーツを良くする人に多いです。スポーツをすることでかかる負荷を心臓の筋肉を強化することで耐えることが出来るよ...

 脈が遅いと、通常、血圧も低くなると思われがちです。しかし、場合によっては血圧高い人も居ます。この場合の対処法としては、すぐに循環器科を受診することが一番です。不整脈という場合が考えられるからです。もしくは、何らかの病気によって、このような状態になっているということも考えられます。いずれにしても、原因を知ることによって治療法も変わってきます。原因を探ることが大切です。ただし、一時的なことも考えられ...

低血圧の方の中には、脈が遅いという症状が出ているケースもみられます。その場合の対処法はいくつか存在しますから、必要に応じて取り入れていくことをすすめます。まず一般的に健康な人の正常な脈拍数は、1分間に50から70回程度鼓動するものといわれています。これを超えるのも問題となりますが、逆に少ない場合も血液の循環障害や病気が疑われるので要注意となります。この血圧が低いことによって、直ちに健康被害は出るこ...