低血圧 脈が弱い 対処法

低血圧で脈が弱い場合の対処法はどのようなものがあるのでしょうか

スポンサーリンク

低血圧は、高血圧ほどには心配しなくていいとよくいわれます。
しかし血圧が低いということは、日常生活の中で、様々な支障をきたすこともまたよく知られています。
たとえばすぐめまいや息切れがする、立ちくらみがする、脈が弱いなどの症状が、血圧が低い人は出やすいものです。
また血液の流れがよくないため、脳梗塞を引き起こす可能性もあります。
このような時の対処法としては、やはり生活の改善があげられます。
きちんと睡眠時間を確保したうえで、食事を3度きちんと摂るようにしましょう。
体がだるいからと食事を抜いたりしていると、よけいに体調が悪くなり、起き上がるのさえも億劫になるのでよくありません。
そして夜更かしは避け、朝起きたら日光を浴びるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

軽い運動も、脈が弱い時の対処法としてはお勧めです。
たとえばウォーキングのような、有酸素運動を行うといいでしょう。
しかし、だからといって無理をせず、自分の体調に合った距離を歩くようにしましょう。
特に自律神経失調が原因で血圧が低い場合は、バナナや大豆製品、乳製品などを摂るのがいいでしょう。
しかし、生活を改善してもなかなかよくならない、だるさが続くといった場合は、他の病気が原因で低血圧を起こしていることも考えられます。
このような時は心臓疾患のことも考えられますので、病院で検査をしてもらうようにしましょう。
また、白血病が原因で低血圧を引き起こしていることもありますので、あざができやすくなって、体がだるい場合は血液関連の診療科を受診してください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

脈が弱い原因が分かれば対処法は存在しています
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
脈が弱い場合には、漢方という対処法も
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
脈が弱い時の対処法として鍼が効果的です
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
病気ではないかと感じる脈が弱い時の対処法とは
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
脈が弱い方の改善方法
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
脈が弱い時や動悸がする時の対処法
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
不整脈とその主な症状と原因と対処法、脈が弱いことは不整脈なのか
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
手首の脈が弱い場合の原因と対処法
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。