不整脈 原因 症状 対処法

脈拍が早い原因と症状と対処法(病気・高齢者・息苦しい・120・100・寿命・ストレス)記事一覧

心臓が全身の動脈に血液を送り出す時の拍動のことを脈拍といいます。脈拍の速さというのは人によって違うものです。通常成人の安静時の心拍数は65〜80と言われています。少しのずれでしたらこの範囲から外れても問題ないと言えるでしょう。しかし100以上の場合は、病気の可能性もあるので注意が必要なのです。赤ちゃんの脈拍は早く、成人と比べると1・5倍以上になるのです。人間と同じように、動物も種類によって脈拍数は...

 脈拍数とは、心臓が血液を送り出す際に生じる動脈の拍動の回数です。つまり、心臓の拍動の回数である心拍数とはほぼ同じものといえます。脈拍数はそのまま心臓という生存に欠かせない臓器の動きであるため、健康状態をよく示してくれるものです。これを測る方法の中で最も簡単なものは、手首の親指側に人差し指、中指、薬指を当てて、拍動の回数を数えるというものです。このとき、20秒間の拍動の回数を3倍すると、簡単に1分...

 激しい運動をしたり何か不安なことがあってストレスがたまっているというようなときには脈拍が早くなる傾向があります。しかしこのように一時的なものであればとくに大きな病気の心配もないので検査を受けなければいけないと言うことはありません。しかしこのような症状が高齢者に見られると、そこには病気の可能性もあるので注意深く観察しなければいけません。高齢者は体のさまざまな機能が低下してくるので、心臓の機能も一概...

日頃から脈拍を意識している人というのはあまり多くないですが、通常の場合1分間で60から100の間とされています。それ以上に遅いと徐脈、早いと頻脈と言いますが、突然の頻脈を感じるととても心配になってしまうものです。頻脈と言っても、病気の症状で現れているのか健康な人でもなる場合があるので判断は難しいところです。よくあるのは、突然始まりしばらくして治まる発作性上室性頻拍というものです。これの予防という意...

 脈拍が早いという頻脈の症状を経験したことがあるという人は多いのではないでしょうか。脈拍は、心臓の拍動に連動して規則正しく一定のリズムを刻んでいます。毎分60〜100回程度が正常値とされており、60回未満の遅い脈拍を徐脈と呼び、100回以上の早い脈拍を頻脈と呼びます。規則性がなく脈が飛んだり乱れたりすることを期外収縮と呼びます。これらの不整脈の中でも最も多く見られる症状が頻脈です。頻脈は、ストレス...

 脈拍が早い、息苦しいなどの症状を感じたことがある人は多いのではないでしょうか。症状の原因として考えられるものとして、貧血があります。貧血を起こすと酸欠状態になり、脈拍が早い、息苦しいなどの症状につながってしまいます。そのほかにも、めまいがする、動悸がする、体がだるい、頭痛がする、吐き気がする、食欲がなくなるなどの症状も同時にあらわれます。つらい症状があらわれた場合の対処法としては、横になって体を...

 正常脈は、一般的には1分間に60回〜100回とされています。不整脈とよばれる病には、2種類あり、1つは60回未満の脈拍数となる徐脈という症状、もう1つは1分間に120回を超えるような多数の脈拍数となる頻脈と呼ばれるものです。運動をしたわけでもないのに1分間に120回を超えるような脈であれば、何らかの対応をとらなければ、心臓に負担が過度にかかり、大事に至る可能性が出てきます。頻脈になった場合には、...

 脈拍とは心拍数とほぼ同じ意味で、心臓が血液を送り出す際に生じる動脈の拍動のことでその回数の事も指します。この数字はどういう状況なのかにもよってすぐに差がでてしまうものですが、一般的に安静にしている状態では大体70前後くらいで、60から100位までの間に収まることが普通です。これが異常になるということは徐脈という遅いケースか頻脈という早いケースになるわけですが、遅いケースにおいてはスポーツ選手など...

脈拍が早い人は一般に短命で、遅い人は寿命が長いとよくいわれます。この脈拍数は心拍数、つまり1分間に心臓が拍動する数と同じで、1分間に触れる脈の数のことです、特に動物の場合などは、体が小さい方が心拍数が早く、大きいほど遅いので、体の大きな動物の方が、小さな動物よりも長生きであるともいわれています。では、人間にこれが当てはまるかといえば、必ずしもそうとはいえないのです。無論早い遅いが寿命に影響する例も...

血圧低い、そして脈拍早いという人の場合、大抵はめまいやだるさを感じることが多いものです。このような症状は、主に自律神経失調症が原因であることが考えられます。この自律神経というのは、精神の状態や体調を自動的に調整するもので、活動をつかさどる交感神経と、休息をつかさどる副交感神経の2つがあります。この2つがそれぞれ切り替わることで、私たちの体はいつもその時々に応じた状態に保たれています。しかし何かでこ...

 脈拍早い高血圧では、ドキドキと心臓の動悸が激しくなりますが、それを「不整脈(ふせいみゃく)」と言います。不整脈が起こる原因ですが、疲労、睡眠不足、ストレスなどが関係しています。また、高齢になると不整脈は起こりやすくなり、特に心臓に病気があると脈拍は乱れます。脈拍が乱れると心臓が規則的に血液を送り出せなくなって、冷や汗が出たり、動悸やめまい、吐き気などの症状が現れます。症状が重い場合には、意識が遠...

 私たちが普段何気なくしている行動や、動作、それらには自律神経が深く関与していることをご存知でしょうか。自律神経にはアクティブに行動するときに働いている「交感神経」と、リラックスして休んでいるときに働いている「副交感神経」があり、これらがバランスをとることで私たちの身体をコントロールしています。しかし日常の生活や環境の中で生じるストレスなどにより、そのコントロールに乱れが生じると、いろいろな諸症状...

 息苦しい、脈が速いなどの症状を経験したことがある人は多いのではないでしょうか。それは貧血が原因かもしれません。貧血を起こすとヘモグロビンのが減少します。ヘモグロビンとは、血中の赤血球の血色素のことで酸素を運搬するという働きがあります。そのヘモグロビンが減少することで酸素の運搬機能も低下し、酸欠状態に陥ってしまいます。それが、息苦しい、脈が速いなどの症状につながってしまうというメカニズムです。貧血...

健康診断などで脈が速いと診断されることがありますが、常に脈が早いとどのような病気が発生する可能性があるかが気になります。人間が生きていく中で脈拍というのは非常に大切となります。それは心臓が全身の動脈に血液を送り出して、静脈に血液を取り込むと言うことが行われていますが、この際に規則的に拍動するようになっているからです。この定期的なリズムが乱れることを不整脈といいます。これは異常な状態となっているので...

 脈が早い場合、原因は心臓に問題があるケースと心臓は正常なケースがあります。心臓に動脈硬化などの疾患があると、血流量が減少するので不足分を補うために心臓は動きを早め、脈が早いという現象が起きます。心臓に疾患がない場合は、ストレスが原因になることがあります。自律神経が乱れると、呼吸や脈拍も乱れます。この自律神経に影響を与えるのがストレスなのです。心配事や悩み事を抱えていたり、不安や恐怖などマイナスな...