洞性不整脈 原因 ストレス

洞性不整脈の原因はストレスなのか

スポンサーリンク

 ストレスは様々な病気の原因となります。
近年、ストレス社会と呼ばれるようになった世の中で生きる私たちにとって、ストレスは大きな問題ともなり得ます。
普通にすごしていてもそれが原因となり、様々な症状を引き起こすことがあるのです。
洞性不整脈もその一つです。
洞性不整脈とは、心臓の拍動が普通であれば一定のリズムを刻みますが、感覚が不規則であるような不整脈の状態のことを言います。
これは、特別心臓に疾患があるというわけではないことが多いです。
普通の不整脈になる原因としては、心臓自体の疾患である心筋梗塞や心筋症があげられます。
また、高血圧であるとか肺や甲状腺に病気がある人も不整脈になりやすいです。
それに比べると洞性不整脈はそういった原因がありません。

スポンサーリンク

 

洞性不整脈は普通の不整脈と原因が少し違ってきます。
心臓やその他の病気などが影響したものでないからです。
洞性不整脈の軽度な例としては、息を吸い込んだときに脈がはやくなり、息を吐き出したときに脈が遅くなるというようなものです。
これは健康な若い人ほどなる人が多いと言われているため、軽度であればそれほど心配しなくても良いとされています。
これが重度になり、かなり間隔に差があるなどの症状が見受けられるようになって初めて治療がなされるのです。
それになる一つの例としてあげられるのがストレスであり、これになる人のほとんどが精神的なものに影響されていると言えます。
そのため、改善を要する時にはストレスを軽減する必要があるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

洞性不整脈とは、その原因・症状と治療法
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
健康診断における心電図で洞性不整脈の波形について説明します
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
洞性不整脈の心電図波形で右軸偏位
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
洞性不整脈の定義や種類のメカニズム
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
洞性不整脈とスポーツ心臓について
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
小児に多い洞性不整脈の原因と治療
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。
呼吸性洞性不整脈の発生機序(メカニズム)について
不整脈の原因と症状と対策法についてあれこれです。